忍者ブログ
長野県伊那谷発信の写真ブログ
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春に 〜谷川俊太郎〜

20110421.jpg

春に

この気もちはなんだろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地からあしのうらを伝わって
ぼくの腹へ胸へそうしてのどへ
声にならないさけびとなってこみあげる
この気もちはなんだろう
枝の先のふくらんだ新芽が心をつつく
よろこびだ しかしかなしみでもある
いらだちだ しかもやすらぎがある
あこがれだ そしていかりがかくれている
心のダムにせきとめられ
よどみ渦まきせめぎあい
いまあふれようとする
この気もちはなんだろう
あの空の青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
あしたとあさってが一度にくるといい
ぼくはもどかしい
地平線のかなたへと歩きつづけたい
そのくせこの草の上でじっとしていたい
大声でだれかを呼びたい
そのくせひとりで黙っていたい
この気もちはなんだろう


谷川俊太郎さんのすごく好きな詩のひとつです。

今2歳半の娘も段々自我を持ってきて自己主張をするようになってきました。
最近子育てをしていて思うのが、あれがしたい、これが見たい、あそこへ行きたい…そんな娘の純粋な興味を大人の都合で断ってしまったらいけないなと。

娘もいずれ大きくなって、この詩のように子供から大人になる瞬間を迎えます。
それまでの期間というのは本当に多感で、過ぎてしまえば二度と取り戻すことの出来ない時間です。なるべく子供のやりたいことや興味を持ったことをやらせてあげたい。

そんな事を考えながら、自分の少年時代はどうだったか思い出してみても、もう当時のような感情は失われ、漠然とした記憶しかないのが残念でしかたありません。

この詩はまさに”春”です。
新しい季節になにか無性にわくわくし木々の芽吹きに心躍る、ただそれとは別に大きく変わらなければいけないという相反した気持ちも沸き上がる。


この詩を思い出し、娘の将来を考え、
もっと私が成長しなければいけないなと思うのでした。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント

[01/09 padmacolors]
[01/09 smalltown]
[01/09 padmacolors]
[10/10 smalltown]
[10/10 ディンブラ紅茶通販のティチャイチャイ]

Flickr