忍者ブログ
長野県伊那谷発信の写真ブログ
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

写真の在り方

20100125.jpg
写真ってなんだろうか
基本的には記録ってことなんだけど、
今現在の写真の在り方ってものすごく多様化してる。

その名前にもあるように「真を写す」ってのが本来の在り方だったけど、
かならずしも真を写してないこともある。

例えば、ある写真家の写真集に、
「Tokyo And My Daughter」(私の娘)
っていうのがあるんだけど、
その写真集にでてくる女の子は、
実は全然娘なんかじゃない。

見る側もそこに写ってるのが本当の娘だと思って見てる。
でも実際は違う。

すごい面白いこと考える人だなーってのと同時に
写真って、なんて面白いんだってことを思った。
表現なんて自由だよね。
固定概念にとらわれてたら、もったいない。

だから、写真はピントが合ってなきゃだめだとか、
暗すぎるからだめとか、
そんなこと決してなくて、
自分に見えてるものや表現したいことが
一般的でなかったとしても、
それが本当に表現したいことだとしたら、
自分からしてみたら傑作なわけです。


写真ってなんて面白いんだって思いません?
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント

[01/09 padmacolors]
[01/09 smalltown]
[01/09 padmacolors]
[10/10 smalltown]
[10/10 ディンブラ紅茶通販のティチャイチャイ]

Flickr