忍者ブログ
長野県伊那谷発信の写真ブログ
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

L'Affiche Moderne

20110528.jpg

ご報告です。

この度いろんなご縁がありまして、フランスのパリを拠点としたオンラインギャラリー "L'Affiche Moderne"にて写真を販売させていただくこととなりました。

リンクはこちら


詳細として、

Limited Edition ということで300部限定販売です。
1つ1つにオリジナルである証明書とナンバーがついています。

販売形式として、30×30cm、50×50cmの2サイズが選べます。
また、それぞれのサイズに対して、プリント、カンバス地への印刷、フレームの3パターンを選ぶことができます。

その他情報はサイトを参照してください。


なかなかこういう機会はないので、
よくぞ私になんぞ声をかけていただいたな、と。

私は写真が好きです。
なにをいまさらという感じですが、それは特別なものという感覚ではなく、どちらかというと生活の一部に近いような感じです。
わざわざ有名な写真スポットに撮影に出かけるということはまずありません。
それは私のスタンスとして、生活の中にあるような、身近な景色の中にこそ、芸術的な瞬間があると信じているからです。
それが私のスタイルであり、強みなのかなと最近になって思い始めました。
少し意識を変えるだけで、足下の雑草だってアートになりえる瞬間がある、
それを発見した瞬間が楽しくて写真を撮っているんだと思います。

しかしそれは非常に個人的な活動で、だれかに発表しようなど思ってもいませんでした。しかし、ホームページの技術を勉強していく過程で、自分のホームページを作り、そこで写真を公開し始めると、誰かの反応が気になり始めました。そうすることで自分の思う写真が撮れなくなったような感覚を感じ始めたんです。誰かの期待している写真。それを撮ったところで、その写真は自分の写真ではありません、ましてや自分自身おもしろくもなんともありません。

結局のところ自己満足、これに尽きるんだと思います。
写真に対して、自分なりの考え、ルールがあって、それに対していかに自己否定の声を聞けるかどうか。妥協しないで、利己的な主張に突っ走れるか。

私は、Flickr上で公開している写真には、すべてタイトルをつけています。
タイトルは非常に重要なものだと考えていて、私なりのルールでタイトルを決めています。それは写真から見えてくる物語やストーリー、妄想からつけてるのですが、それは一見したらわかりにくく、意味を聞かれることもしばしばです。しかし私にはその言葉意外合う言葉がないんじゃないかというくらいマッチしているんです。私が私の中のルールに従うなら、それが正解なんでしょう。

今回の写真販売の話は、なんだかそんな私の考えを認めてもらえたようで、驚きながらも、非常にうれしい思いです。マイペースにやってきた写真も、ここでひとつ大きなポイントになるんじゃないか、そんな風に思っています。


ちなみにこの"L'Affiche Moderne"、ほかの方々の写真やイラスト、とてもすばらしいです。私の写真が目的じゃなくても、見る価値ありです。プロアマ問わず、素晴らしいものは素晴らしい。ぜひこのサイト、訪れてみてください。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント

[01/09 padmacolors]
[01/09 smalltown]
[01/09 padmacolors]
[10/10 smalltown]
[10/10 ディンブラ紅茶通販のティチャイチャイ]

Flickr