忍者ブログ
長野県伊那谷発信の写真ブログ
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デジタル写真の「味」とは -レンズの味について-

20101006.jpg

レンズの善し悪しを決める要素には、次の5つが挙げられるようです。
解像感、ヌケのよさ、立体感、ボケ味、見かけの深さ。

これらを語るにはまず「収差」というものについて知らねばなりません。

ザイデルの5収差について。
レンズを通った光は1点に集まるように見えるが、厳密には1点に集光しない。理想決像とのズレは被写体にぼけやゆがみを生み出す。この現象を「収差」といい、さまざまな種類がある。球面収差、コマ収差、非点収差、像面湾曲、歪曲収差の5つ。レンズの設計にはこれらを取り除く事が求められる。

と、完全に私の備忘録になってしまいますが。

結局の所、レンズ技術の目指す場所は同じところだから、どんどん技術が進歩していったらどれも同じようなレンズになるってことなんでしょうか。オールドレンズにあるような、ある種短所でありながらも味として認めてしまえば長所になりえるようなレンズの特性。それを表現上にうまくマッチできれば、自分にとっての「いいレンズ」だと言えると思います。新しいレンズばかりが「良い」レンズではない、かなと。


性能や技術にばかり目を向けるのではなく、いかに道具を自分の物にできるかどうかが大事ですね。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント

[01/09 padmacolors]
[01/09 smalltown]
[01/09 padmacolors]
[10/10 smalltown]
[10/10 ディンブラ紅茶通販のティチャイチャイ]

Flickr